Piano etc.

ピアノ教師の考え事を綴っています。

ビゼーのオペラ『カルメン』【解説】

こんにちは。ピアノ教師・渡邊智子です。

ピアノ教室 小金井 三鷹 武蔵境 | 渡邊ピアノ教室

 

2020年2月11日(火・祝)、室内楽のコンサートに出演します。現在、絶賛練習中!!

 

f:id:mokopiano:20191217181349j:plain

treeofmusic2020.2.11

f:id:mokopiano:20191217181445j:plain

treeofmusic2020.2.11

 

コンサートのプログラムノートを書くに当たって調べた内容をを記事にまとめています。

良かったら、前回までの記事も合わせてご覧ください。

 

サティの『ジュ・トゥ・ヴ』について。

 

チャイコフスキーの『くるみ割り人形』について。

blog.moko-piano.com

 

今回は、ビゼーのオペラ『カルメン』を取り上げます。

 

 

ビゼーの人生

 

ジョルジュ・ビゼー Georges Bizet (1838-1875)は、フランス、パリ生まれの作曲家です。

父は声楽教師、母はピアノを弾いたそうです。音楽を愛する両親の元で育ち、幼い頃から才能溢れる「天才少年」でした。

9歳でパリ音楽院に入学すると、ピアノとオルガンで一等賞を獲るなど、さまざま受賞を重ねていきます。

 

ビゼーのピアノの才能は、大ピアニストであるリストにも認められるほどだったそうですが、彼はさらに作曲の勉強にも励み、1857年(19歳の時)にカンタータ『クローヴィスとクロティルデ』でローマ大賞を受賞しました。

ローマ大賞とは、毎年開催されるフランス美術アカデミー主催のコンクールで一等を獲った人に与えられた賞です。現在は廃止されましたが、当時は、フランスの芸術家たちにとって大変権威ある賞でした。歴代受賞者にはドビュッシー、ベルリオーズらがいます。一方で、ラヴェルが受賞できなかったことは、当時大きな騒動となりました。権威=成功ではないことを物語るエピソードだと思います。

 

さて、ビゼーの話に戻りますが、在学中に師事したグノーアレヴィからは大きな影響受けました。ビゼーがオペラ作曲家としての活動に拘ったのは、師匠たちによるところがあるのかもしれません。

グノーは、オペラ『ファウスト』の作曲家。J.S.バッハの前奏曲に旋律を乗せた『アヴェ・マリア』も有名です。

アレヴィは、そのグノーの師であり、フランスのオペラ作曲家として重要な地位を占める人物です。代表作はオペラ『ユダヤの女』。後にビゼーは、アレヴィの娘と結婚しました。

 

ローマ大賞受賞者は、ローマへ留学することになるのですが、ビゼーはその留学中からオペラの作曲に取り組んでいます。ですが、なかなか成功には至りませんでした。

初めて認められたオペラ作品は、1863年(25歳)に発表した『真珠採り』です。

1872年(34歳)には、劇音楽『アルルの女』を発表。アルフォンス・ドーデの書いた劇に付けた音楽で、劇自体の評判は良くなかったようですが、ビゼーの音楽は高い評価を得ました。この作品は、今日でも『カルメン』と並ぶ代表作として親しまれています。

  

では続いて、オペラ『カルメン』についての解説に移ります。

 

オペラ『カルメン』について

制作から初演まで 

『カルメン』は、1872年にパリ・オペラコミック座から新作オペラの依頼を受け作曲されました。

オペラ・コミックというのは、台詞を含むオペラのことです。レチタティーヴォを用いるグランド・オペラに対して、軽めのオペラという位置付けがされています。グランド・オペラを上演するオペラ座が大劇場、オペラコミック座は小劇場と考えると分かりやすいと思います。

『カルメン』をご覧になったことがある方は、ここで違和感を感じるのではないでしょうか?

『カルメン』は軽いオペラ!?ではないですよね…。

でも、当初はその想定で書かれていたのです。

 

作曲期間は1872年から1874年です。残念なことに、完成までの経緯を記した書簡などが残っていないため、創作過程の詳細は明らかになっていません。

メリメの原作を元に台本を手掛けたのが、リュドヴィック・アレヴィアンリ・メイヤックの2人です。このコンビは、オッフェンバックのオペレッタの台本で成功を収めていました。

リュドヴィック・アレヴィは、ビゼーの師・アレヴィの甥で、妻のいとこに当たります。アレヴィ一家はそろって同じアパルトマンに住んでおり、作品についての相談も口頭で行われていたため、書簡などの資料が残らなかったようです。

 

『カルメン』は、1875年3月3日にオペラコミック座で初演されました。

評判は良くありませんでした。

前述したように、オペラコミック座は軽めのオペラを上演する場所です。観客は、気軽に楽しめる内容の作品を期待して足を運びます。

そんな観客たちにとって、『カルメン』の物語は衝撃が強すぎました。カルメンの奔放さへの嫌悪と、残酷な結末が娯楽として楽しめないという理由で、評価が得られなかったのです。

そして、初演から3か月後にビゼーは急死してしまいます。

 

高い評価は得られなかった『カルメン』ですが、そこそこの集客はできていたようで、ビゼーの生前にウィーンの劇場から上演オファーをもらっていました。その上演前にビゼーが亡くなってしまったのです。

そこで、友人エルネスト・ギローがウィーン公演のための編曲を行いました。台詞部分をレチタティーヴォに変え、バレエを加えて、オペラ・コミック仕様からグランド・オペラへと生まれ変わらせたのです。

この編曲が功を奏し、『カルメン』のウィーン公演は大成功を収めました。

このグランド・オペラ版『カルメン』が、今日私たちの知っているものになるわけです。

因みに、元々のオペラ・コミック版に興味がある方は、音楽学者フリッツ・エーザーがオリジナルを復元したスコアに基づいて上演された、2012年の録音がありますので参考まで↓

ビゼー:歌劇「カルメン」全曲

 

『カルメン』は、皮肉にも作曲者の死後に名作としての評価を獲得しました。チャイコフスキーやブラームスらも絶賛し、オペラ史全体を見た時にも重要な作品となっています。

 

『カルメン』の特徴 

発表当時、『カルメン』は異色のオペラとして扱われました。それまでのオペラと違う要素が多かったからですが、具体的にどんな点が新しかったのでしょうか。

 

まず、主役がソプラノではなくメゾ・ソプラノだということ。

ソプラノ歌手の高音を用いた優美で華やかな歌唱が、オペラの醍醐味と思われがちですが、カルメンという女性を描くに当たり、よりストレートに気持ちが表現されるメゾ・ソプラノの音域を用いたと考えられます。

 

ストーリーも、それまでのフランス・オペラとは違っていて、それが衝撃的に捉えられました。登場人物が感情を露わにする内容は好まれていなかったのですが、『カルメン』はその真逆で、ドロドロの人間臭さに満ちた愛憎劇ですね。

 

そして、音楽はスペイン一色。カルメンが歌うのもスペインの音楽ばかりです。

以下、例を挙げます。

 

●第1幕で歌う「ハバネラ」

19世紀に、当時スペイン領だったキューバの港町ハバナで生まれた舞曲。

 

●同じく第1幕で歌う「セギディーリャ」

スペイン、アンダルシア地方の大衆的なダンス。

 

●第2幕で歌う「ロマの歌」

カスタネットを持って仲間たちと一緒に踊りながら歌います。

 

ビゼーは、未完の作品も含めると30作余りのオペラや劇音楽を残しました。

その殆どがお蔵入り状態になっていますが、最後の作品となった『カルメン』で30作分の成功を収めたと言っても過言ではないでしょう。ビゼーがその成功を見ることなく亡くなってしまったことを思うと、なんだか切ないですね。

 

以上、ビゼーのオペラ『カルメン』について、私なりに調べた事を書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。