Piano etc.

ピアノ教師の考え事を綴っています。

ピアノ教室選びで悩んだ時の決め手

こんにちは。ピアノ教師・渡邊智子です。

東京の小金井市と三鷹市でピアノ教室を開いています。

前回まで2回に渡って、教室を探す際のポイント体験レッスンを通して自分に合ったピアノ教室の選び方を考えてきました。

前回までの内容は、以下の記事をご覧ください。

 

体験レッスン前に確認しておきたいポイントを書いています↓

blog.moko-piano.com

 

体験レッスンについて書きました↓

blog.moko-piano.com

blog.moko-piano.com

 

今回のテーマは、悩んだ時の決め手です。

 

アイキャッチ画像

 

色々調べて、体験レッスンに行ってみてた結果、行きたい教室がすぐに決まることもあれば、どこが良いのか悩んで決められないこともありますよね。

そんな時に決断するためのポイントを、私の独断と偏見も交えつつ書いていきたいと思います。最終決定で悩んだ時の参考にしていただければ幸いです。

 

 

好印象の教室が複数ある場合

体験レッスンに行った結果、場所・レッスン内容・スケジュールなどの条件が合う教室が二つ以上あったらどうしましょう?

嬉しい悩みですが、悩むことに変わりはありません。

全ての教室に通うというアイデアもありますが、あまり現実的ではないですよね。時間・体力・金銭面など様々な負担を考えると、できればメインで通う教室は一つに絞りたいところです。

 

近い教室がいい

先生の印象も良く、スケジュール面でも問題が無いのであれば、迷わず一番近い教室をお薦めします。教室への行き帰りに時間と体力を消耗せずに済むので、今より多忙になっても通いやすいです。天候が良くない時も苦労せずに行けます。

子供が一人で通う場合の安全面を考えても、断然近い方が安心です。

迷ったら、とにかく一番近い教室にしましょう。

 

それぞれの教室にそれぞれの良い点がある

上記はあくまで、色々な条件を満たす教室が複数あった場合の話です。

教室Aは家から近くて通いやすいけど、教室Bの方がレッスン内容は良かった。なんていう時は状況が変わってきます。

いくつかの教室にそれぞれの長所と短所があって、何を基準に選ぼうか悩んだ時はどうしましょう?

私だったら、この先生のレッスンを受けたいと思った所に決めます。いくら近くても、月謝が安くても、内容が満足できなかったら続けられないと思うからです。レッスンの内容に関しては、なるべく妥協せずに考えてください。

 

長く続けるには

できるだけ長く通い続けたいとお考えなら、個人教室の方が良いかもしれません。

個人教室は、先生がご自宅などでレッスンをしていることが多いので、場所が変わったり、先生が辞めてしまったりということが少ないです。

大手の音楽教室では、先生方は雇われている身です。より良い条件の職場が見つかったら、今の教室を辞めてしまうこともあります。

勿論、大手の教室で長く勤められる先生もいますので、一概には言えませんが、同じ先生の下でずっと続けたいのであれば、個人教室の方が無難ということは言えるでしょう。

 

二つの教室に通ってもいい?

初心者の方には、同時進行で複数の教室に通うことはお勧めできません。

基礎が固まっていない状態で色々な先生から色々なことを言われると混乱します。なるべく一人の先生に道筋をつけてもらってください。

ある程度弾けるようになったら、色々な教室に行ってみて世界を広げていくのも良いと思います。

初心者でも、先生同士に繋がりがあって意思の疎通が図れるのであれば、複数の先生に習うことも問題ないでしょう。

また、個人レッスンとグループレッスンを両方受けたい場合などは、二人の先生に習うことになる可能性があります。その場合は、それぞれの先生に、別のレッスンも受けていることを報告しておいた方が良いかもしれません。

先生によっては、自分以外の先生にも習っているということを快く思わない方もいらっしゃいます。もし複数の教室に通いたいのであれば、それを認められる先生に習った方が良いと思います。

 

子供の教室探し

ご自身がレッスンを受けるのであれば、行きたい教室に決めれば良いだけ。シンプルですね。

ですが、お子さんの教室を決めるとなると悩みも多くなると思います。

まずは、お子さんの意見を聞いてみてください。

親が良い教室だと思っても、子供にとっては居心地が悪いという可能性もあります。逆の場合も考えられます。親はきっちり教えてくれる先生がいい、子供は遊び感覚のゆるいレッスンがいい、といった具合に意見が合わないこともあるでしょう。

子供のレッスンに関しては、教室を決める前に親子できちんと話をしておくことが大切だと思います。 

 

行きたい教室が無い場合

ここで、一旦立ち止まって考えてみましょう。

今すぐにピアノを習う必要がありますか?

自分にとって、お子さんにとって、早急に習う必要があるものでしょうか?

  

すぐに始めないという選択も

通いたいと思える教室が見つからない時は、一旦時間を置くということも考えてみてください。

今探して見つからなかった教室が、1か月後には目に留まることがあるかもしれません。慌てて適当な教室に通い始めてから、もっと良い教室があったのにと後悔しないように、もし今すぐピアノが必要でないのなら、一度立ち止まってみるのも一つの方法です。良い教室が見つかって気分が乗った時が始め時、と考えてみてください。

読み書きや計算ができないと生きていく上で不便になりますが、ピアノが弾けなくても人生困らないですよ。(ピアノ教師の私が言うことではないですが…)

 

どうしても今習う必要がある

幼稚園の先生など仕事で必要に迫られていたり、結婚式の余興で弾くなど期日が決まっている方は、今すぐに習いたいはずです。

理想の教室に出会えなかったら、妥協しなくてはならないこともあるでしょう。そうなったら仕方ないです。全面的に満足できる教室でなくても、必要な期間で満足の得られそうな教室を選んでください。

頻繁に通えるように近い教室にする、少ないレッスン回数で結果を出せそうな教室を選ぶ、など。自分にとって譲れない条件をハッキリさせて、それに合う教室を選びましょう。

 

まとめ

初投稿から教室探しのポイント・体験レッスン・最後の決め手と3回に渡って自分に合ったピアノ教室の選び方を考えてきました。

これからピアノ教室を探す方、今まさに教室選びで悩み中の方、少しでも参考にしていただければ嬉しく思います。

 ピアノは脳に良いとも言われ、近年ますます人気の高い習い事になっています。ピアノ教師としては有難い状況なのですが、大勢の生徒さんと関わっていく中で、人と人の相性というものを意識させられることも多くなりました。

ピアノを弾きたいと思っている方々が、自分に合ったお教室を見つけて楽しく続けていけることを願っています。